FM京都『SLEEP CONCIERGE』ご質問回答コーナー④


ご質問

●さっしゃん 20代 女性

寝る前の甘いものがやめられません。

食べてすぐ寝ちゃいけない!と思いつつも、

ダイエットしなきゃ!と思いつつも、、、

食べないと安心して寝られないんです。

これって病気ですか?対処法とかありませんか?助けてください!!

_____

A.やはり食べてから寝るまでは時間をあけた方がいいのですが、どうしてもならせめて消化にいいものを選ぶようにしてください。

食べると安心するというのは、普通です。むしろ「空腹」は「覚醒」に繫がるので、解消しないと眠気はやってきません。就寝前に空腹にならないよう夕食のタイミング、量、内容(炭水化物メインでないか)を見直しつつ、睡眠にあてる時間を増やしてみてはどうでしょう。というのも「睡眠不足」と「甘いものや脂っこいものを好む」は関係があります。

アメリカで行われた実験で、睡眠不足の状態にすると、就寝前に過食気味になり不健康な食品(スナック菓子など)を選択するようになってしまったというものがあります。さらに睡眠不足だと欲求への我慢が難しくなります。

また、睡眠の質が悪いと朝の食欲は湧きにくいですが、朝食はしっかりとられているでしょうか?特に朝食でしっかりタンパク質をとると、食欲が抑えられることがわかっています。

遠回りに思うかもしれませんが、まずは十分な睡眠時間の確保と質アップを目指してみてください。

関連記事一覧
特集記事
最新記事