ねむり習慣チャレンジ

2020/07/27

 

最近はめっきり睡眠関連、

ねむりに纏わるニュースについて

興味を持つようになったのですが、

 

先日テレビで、

新型コロナウイルスの影響を受け、

睡眠の悩みを抱える人が

約4割も増加したというニュースを目にしました

 

そのニュースの内容は、

睡眠の乱れは深刻な病気を引き起こす

恐れがあるとのことで、

 

今一度、ねむりの改善を行いましょう!

というような内容でした。

 

 

そこでご紹介されていた

睡眠改善方法を一部ご紹介させて頂きます。

 

 

・起きた時間と寝た時間を記録。

→自身の睡眠を可視化する。

 

・寝る前の行動をルーティーン化。

→好きな音楽を聞いたり、温かい飲み物を飲んでリラックスする。

 

・ねむりスイッチをオンにする。

→ 睡眠前の食事は2時間空ける。

    就寝前に入浴するよう心がけて体の体温を下げる。

 

・寝室にスマホを持ち込まない。

→脳が興奮してしまうのを抑制する。

 

 

などなど、、

様々なねむりの方法が

ご紹介されておりました。

 

 

振り替えってみれば、

休みの前日はネット配信サービスの

ネットフリックスに没頭して

気がつけば深夜3時を回っていたり...

 

ついついねむりを疎かにしてしまっていたなぁと、

自分の睡眠への意識の低さに反省することばかりです。

 

 

 

オンラインゲームやネット動画、

あらゆるサービスの普及が広がる現代。

 

便利な時代になるにつれて、

健康に直結する睡眠問題も

深刻になってきているのだなぁと

感じる機会でありました。

 

 

いつもより少し早めに帰宅して、

しっかり睡眠時間が確保できたときのあの爽快感。

 

これを毎日味わえたのならば。。

 

とは思うものの、

目の前の仕事や課題に追われて継続するのが難しいのが現実です。

 

 

何を実践するにしても、

効果を出すためには

「〇〇フェスティバル!」

になるのは良くないですよね。

 

 

ダイエットを良い例に、

習慣にしてこそ意味があるものだと肝に命じて、

 

早くねむりにつく日を

1週間のうちに2日は作る ‼︎ など

 

まずは比較的達成しやすい目標から設定し、

 

いつまでも元気な健康体を目指して

良いねむり習慣を

継続させて行きたいと思います!

 

  コピーライターの糸井重里さんが働く人へ向けたメッセージ「ちゃんとメシ食って、風呂入って、寝てる人にはかなわない」というのを思い出しました。良いねむり習慣の獲得は健康だけでなく、心の余裕やひらめきにも関わります。

 ただでさえ不安が高まるニュースを目にする機会が多いですし、寝ないとこんな悪影響が!という発想より寝ればこんないいことが!という情報にもぜひ目を向けてみてください。

 

 

 

__

ねむりのコンシェルジュ 

睡眠に関わるIoT / スリープテックのお試し情報や、ねむりに役立つ情報等をご紹介しております

 

 

いいね
Please reload

関連記事一覧
特集記事
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
rogo.jpg
Please reload

rogo.jpg
HOMEへもどる
ねむりのコンシェルジュ HPバナーPNG.png

ねむりのコンシェルジュ 睡眠 IoT