rogo.jpg
HOMEへもどる

ねむりのコンシェルジュ 睡眠 IoT

いびき防止グッズ「Anti Snore Solution  イビキ防止枕パッド」を試してみました

2019/11/18

60代男性

 

いつも、家族からいびきがうるさいと言われるので(自分では自覚なしですが・・・)

今回いびき防止グッズを使用してみました。

 

グッズはこのような形です。

薄いパッド、四角い空気を送り込む装置があり、2つを繋げて使用します。

 

 

 

このグッズも、よくあるIoTグッズと同じく、アプリをインストールして

そのアプリと連動する仕組みになっています。

 

アプリをインストールして、Bluetoothで接続するだけなので

接続には困りませんでした。

 

今回のグッズは、薄いパッドの上に枕を置いて使用します。

音を感知するとパッドに空気が送り込まれ、

枕が上に上がるのでいびきが防止されるとのこと。

このパッドが音で動作するかしないか、小さな音でも反応するのか、

大きな音でないと反応しないのか等を決めることもできます。

※いびきの回数はどのパターンでも計測可能です。

 

ひとまず試してみることに。

 

 

 

まずは動作するようにセットして一日計測した結果

 

 

 

 

 

 

 

次に、動作しないようにセットした結果 ※普段通りの睡眠

 

 

 

 

 

・・・・・

動作しない時の計測結果がひどいですね。

無呼吸もしていますし、本当に自分が心配です。

 

 

 

一方、動作したときの計測結果は非常に良い結果になっていますね。

その後も使用しましたが、朝方眠りが浅くなってくると

枕が上がることによる刺激、パッドが膨らむ際に空気を入れる音に反応して

目が覚めてしまうことがありましたが、

熟睡時には何も気にならなかった(気付かない)です。

 

 

 

実際、いびきの音声データを聴くこともできるのですが

それはそれはひどかったです・・・

家族の迷惑にもなるし、自分の体も危険だしで良いことはないですよね。

 

 

 

今回のグッズは、基本状態は薄いパッドなので

睡眠時に何か阻害されることはありませんし、

熟睡状態だと気付かないし、

いびきの回数が極端に減るので無呼吸も無くなるしで

非常に良い商品だと思いました。

 

 

 

改善点としては、

①アプリのレポートの見方がわかりづらい

②空気を送り込む音が少しうるさい

くらいでしょうか。

 

いびきが気になる、無呼吸を防ぎたい方にとっては

非常に良い商品だと思います。

 

今後もこのような実際に効果のあるIoT商品が出てくるのを期待しています。

 

 

  日常的な大きないびきや夜間の無呼吸は医療機関を受診する最初のサインとなり得る症状ですし、加齢に伴って口腔機能が低下すれば悪化も心配されますので、放置はよくないです。

 

 このアイテムによって自分の状態に気付けことを第一歩として、睡眠時無呼吸症に関心をもってみてください。

 

 

 

__

ねむりのコンシェルジュ 

睡眠に関わるIoT / スリープテックのお試し情報や、ねむりに役立つ情報等をご紹介しております。

 

 

いいね
Please reload

関連記事一覧
特集記事
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ