rogo.jpg
HOMEへもどる

ねむりのコンシェルジュ 睡眠 IoT

モヤモヤして寝付けない時に!「寝る前ノート」を試してみた!

2019/05/21

 ・めざせ!快眠チャレンジ

 40代 女性

 

「さあ寝よう」と電気を消して目を閉じると、いろんな考え事が浮かんできてなかなか寝付けない…ということはないですか?

今日の仕事でああすれば良かったとか、来週提出する企画アイデアをどうしようとか、先日起こった出来事は実は別に原因があったのではないかとか、体調が悪い時に、明日もっと悪化するのではないかなど、頭の中をグルグルと考えが巡って気がついたら深夜になっていた…。

そんな状態が最近良く起こるので、何かいい入眠方法はないかと探していたところ、「寝る前ノート」という情報をキャッチしました。

 

 

「寝る前ノート」とは、頭の中に浮かぶ考えをノートに書くことで頭の中をスッキリさせることなのだそうです。

まずは試してみようと、小さめのノートとペンを用意。

枕元に置いて電気を消したら…、なんとその日はすぐに眠っていました。

1日目は効果を試すことなく、入眠アイデアが見つかったので安心したのかなあと前向きに考えて、いざ2日目。

 

 

この日は、やって来ました!今日起きた出来事がフラッシュバックのように浮かび、頭の中でいろんな考えが巡り出しました。

すかさず布団から起き上がり、枕元に置いていたノートを開けて、まずは頭に浮かんだ言葉や出来事、思いなどを脈絡なく書き綴ります。キチンとした文章にするというよりは、書くことでノートに「吐き出す」という表現の方が近いかもしれません。

 

 

そのうち書き疲れてきたので、改めて書いた文章を読んでみました。

すると、気持ちが少し冷静になり「自分はこんな風に思っていたんだな」と感じました。

そんな冷静な感想をまたノートに書き足すと、次は「こんなことしてみるのがいいかもしれない」という別の考えが浮かびました。

その考えを書き足すと、気持ちがスッキリしたというか、書き終えた、という感覚になりました。

そしてノートを閉じて引き出しに閉まってもう一度布団に入ると…おそらくすぐに眠りについたと思います。

 

 

翌朝は、いつもの時間にパッと目が覚め、心なしかよく寝たという感覚がありました。コーヒーを飲みながら昨晩書き綴った文章を読んでみると、

最初は脈絡のないことがいろいろと綴られていたのですが、最後の方になると少しは考えが整理されたのかな…と思うような内容で締めくくられていました。

 

 

 

 

実際に試された人によると

●1日の最後に思考が整理される

●思いを書くことにより、疲れて眠りに落ちやすい。

●湧いてくるアイデアをすくい上げることができる

などのメリットがあるのではないかということでした。

 

 

私の場合、アイデアが次々と湧いてくるところまではいきませんでしたが、1日の最後に思考が整理される、という感覚は確かにありました。

引き続き試していきたいと思います。

頭の中がモヤモヤする、いろんな考えが巡って寝付けない…と感じている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 眠る前に「吐き出す」という行為は、もやもや考えてしまう方に有効だと思います。ただ、その際は覚醒に繋がる「目に入る光」に注意してください。スマホなどで代用せず、手元だけを照らすのがおすすめです。

 

また、翌朝読み返されたとの事ですが、「明日考える事」として書き出したわけではなく、ぐるぐる浮かんだネガティブな記憶や思考であれば読み返さない方がいいです。

(就寝前の脳はもう疲れているので、アイデアにはあまり期待しない方がいいと思います…)

 

 

 

 

 

 

いいね
Please reload

関連記事一覧
特集記事
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ