rogo.jpg
HOMEへもどる
ねむりのコンシェルジュ HPバナーPNG.png

ねむりのコンシェルジュ 睡眠 IoT

「マッサージと鍼灸」で企業経営と睡眠を両立させる

2019/02/06

快眠チャレンジ

40代 男性

企業経営者

 

 

 

 

私の睡眠チャレンジは、「マッサージと鍼灸」です。
美容の面が最近注目されていますが、実は
睡眠にもっとも効果的なのではないかと個人的に思っています。 

 

 

企業経営をさせて頂くと心配事はつきません。
人のこと、ライバルとの競争のこと、クレーム、もちろんお金のこと、
もちろん、そんな心配事以上に、やりがいに満ちた素晴らしい仕事ですが、
考える領域が広く、責任も無限大であることを考えると捉えようによっては、ストレスの多い職種です。

 

 

没頭して仕事をしていると、睡眠時間もろくにとれません。
また、朝の経営者の勉強会なども参加させて頂くことがあるのですが、
夜中まで会合に出て、そのまま、早朝に起床して参加するなどよくあることです。

 

 

かくいう私も、先週は、夜討ち朝駆けが連続し、水曜日くらいから、
よく寝れない日が続きました。終電で帰宅し、その後、風呂に入ってリラックスするも
大阪なおみさんの全豪オープンのTVを見て、布団に入ったものの

全く寝れる気配がありません。

そんな日が、2日続きました。

 


よく自己分析すると、肩がパンパンになり、そして、
首元もカチコチになっていました。

そして、金曜日の夜に、お世話になっている地元の
鍼灸の先生に見て頂き、寝れない現状を相談しました。

 

 

結果、マッサージと鍼灸で完全にリラックスし
ぐっすりと眠ることができました。

 

 

先生いわく、寝ないと、脳に腐敗物がたまり
若年性認知症の危険もあるので、しっかり寝ることは
大切ですよとアドバイスもらいました。

 

 

よく鍼灸に通うのですが、
今回は、今までに施術して頂いたことない頭の
ツボに鍼をうっていただき、私の睡眠が復活しました。

 

 

仕事と睡眠、相反するような部分もありますが
よい仕事をするためにも、しっかりとした睡眠を取ることは大切だと思います。

 

 

「マッサージと鍼灸」

今後も定期的に通い、疲れをためないようにしていきたいです。

 

 

 「よい仕事のために、よく眠る」とても大切なことですね。眠りを疎かにした状態を当たり前にしてしまうと、風邪をひきやすくなり強制的に休息をとることになります。その前に肩こりなどの身体からのSOSを自覚し、行動をおこすのはいい心がけだと思います。睡眠負債は貯めないことが第一ですので、自分に合った「これで眠れる!」という方法を出来るだけたくさん見つけ、現在頑張りたい仕事、将来の認知症や生活習慣病の予防に役立ててください。

 

 

 

 

 

 

 

いいね
Please reload

関連記事一覧
特集記事
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ