rogo.jpg
HOMEへもどる
ねむりのコンシェルジュ HPバナーPNG.png

ねむりのコンシェルジュ 睡眠 IoT

音・光・香全部入り『sleepion』で理想の睡眠と昼間の集中力アップ!体験レビュー

2019/01/09

ボタン一つでリラックス空間を作り出す

 今回試してみたのはcheero(チーロ:TRA CO., LTD.)の『sleepion2』(19,800円+税)。私は元々すぐ寝てしまうタイプなのですが、たま〜に寝つきにくいと感じる時があります。そういう時は気持ちよく入眠できるよう、睡眠系アプリで自然の音を流してみたり、普段からお香やアロマが好きなのでリラックスできる香りのものを使ってみたり、キャンドルを灯してみたり…

『sleepion』はそんな手間をボタン一つで実行してくれる優れた睡眠グッズです!

 シンプルかつコンパクトなので枕元のちょっとした空間に置けます。この『sleepion』が何をしてくれるのかというと、人間の5感のうち「音・光・香」の3感からリラックスをもたらし、入眠を助けてくれます。しかも夜の睡眠だけではなく昼間の集中力UPや瞑想用など1日中サポートしてくれる様々なモードが搭載されています。(この記事も集中力UPモードを試しながら書きました笑)

今回はスリープモードを使用した感想をお伝えします。

 

光のリズムが心地いい…!

 まずはじめに上のフタを外してモードと好みに合った香りのアロマリングをセットします。本体と一緒についていたアロマリング6種のうちスリープモードではラベンダー、ヒノキ、ゼラニウムがおすすめされていました。私は木の香りが好きなのでヒノキを選びました。

 結構ここまではフーン( ´_ゝ`)という感じだったのですが、次に電源を入れてみると心落ち着く音楽とともに自然なリズムで呼吸をするかのように点滅するオレンジ色の光がとても綺麗で思わず見惚れてしまいました…!まさにロウソクが灯っているような温かみのある光です。

 曲も母親の胎内をイメージしたというヒーリングサウンドが神経を落ち着かせてくれて、心なしかだんだんまぶたが重くなってきます…。

1時間ほどで音楽とあかりは消える仕組みになっています。

 

数日間試してみて

数日間試してよかったところは、とにかく眠る前にすごく落ち着くというところです。枕元に置いておけば、寝にくいな、と思ってからアロマを焚いたりロウソクを灯したりヒーリング音楽を探したりしなくてよく、ワンボタンで全て行ってくれるので眠る前に余計な覚醒を招かないのではと思いました。火を使わないのも安全ですね。

 

ただ、やはり気になったところも少し。

アロマリングの使用期間が短い 説明書によると3日間しか持たないとのことで、ちょっと短いなあ…という印象。でもこれは何もついていないブランクのリングが付属されているので自分で持っているアロマオイルを使う事ができます。

 

似た曲で数が多い スリープモードでは18種の曲が搭載されていました。簡単に聴き比べてみましたが、似た印象の曲が多く、選ぶのに少しストレス。自然音が無いのも逆に選択の幅が狭いなと思いました。Bluetoothでスマホ等から音楽も流せるらしいのですが…本体にネットから曲を追加できる機能があれば睡眠IoTグッズって感じがして良いのにな、と思いました。

 

最小音量が大きい うとうとして寝そうだな…と思っても、音が気になる事が。アロマはスピーカーの振動で拡散されます、と説明書にあるので消音にするのも気が引けてしまい…もう2段階ほど小さい音がほしい所です。

 

光と音楽が終わっても電源は切れない 所定の時間で光と音楽の再生が止まっても主電源は切れません。ちょっと電気が勿体無いのと、主電源ランプがつきっぱなしなので光が気になりますね…

 

sleepion3では改善済み?

気になったところを挙げましたが、今回レビューしたのは『sleepion2』。sleepionのサイト(http://sleepion.com/)を見てみるとシリーズ最新作の『sleepion3』がつい先日販売開始されていました!アロマリングの使用期間は5〜6日になり、曲の種類もヒーリング音楽に加えクラシックや自然音も追加されています。最小音量や電源については分かりませんが、改善されているかもしれませんね。しかも価格は9,800円+税までコストダウンしています!びっくり。CD付きの絵本まで付いてる…?!?

 

結局眠りやすくなったのか?

私は実は眠る時、モバイルバッテリー等の充電中の明かりでも気になってしまうタイプで、この『sleepion』の明かりも結構気になって眠れませんでした><これは人によって感じ方が大きく違うと思いますが、ここも新しい『sleepion3』では光が気になる人用に消灯できるように改善されているらしいので、試してみたいな…と思ったり。ただ、デザインが…『sleepion2』の方が好きですね。

曲を選択したり音量を操作するときに底面のディスプレイが表示されるのですが、このガジェット感が何とも好きです。

 あと、『sleepion2』には持ち運び用の袋も付いていて、中に内ポケットもあり、ただの袋なのに素材も良いしこだわりを感じられるポイントでした!値段が高いのも納得。

 「良いものを使っている」という満足感も睡眠の質を高めると聞いたことがあるので、そう思わせてくれる睡眠グッズでした。

 

 

 

 

 

寝室の三大環境要因というものがあり「温湿度・音・光」。これらを整えることがよい眠りを得るための第一歩。sleepion2にある「香」は三大環境要因には入っていませんが、自律神経系活動への作用を認められているものもあり、試してみる価値はあります。ただ好き嫌いの個人差が大きく、それによって反応がかわってしまうので香りを選べるというのはいいですね。毎日使用し慣れてくると、持ち運びのしやすいアイテムで「いつもの空間」が再現できるということになり、旅先での「なんとなく寝つき難い」対策にもなるかと思います。

 

 

 

 

 

 

いいね
Please reload

関連記事一覧
特集記事
Please reload

最新記事