健康のための睡眠指針 2014

2018/12/26

 

厚労省は平成15年に作った「健康づくりのための睡眠指針―快適な睡眠のための7か条」を見直し、平成26年12か条として発表した。

 

大きな特徴は、心の健康に触れたこと、若年、勤労、熟年と世代別に睡眠の注意点やアドバイスが盛り込まれたことである。

また、眠りたくても眠れないタイプと、睡眠をおろそかにしているタイプをわけてアドバイスされている。

6.で環境についても触れられたが、解説されているのは、温湿度、光、音で寝具は残念ながら入っていない。

12.の睡眠の専門家は日本睡眠学会のHPより認定医・施設を検索できる。

 

 

1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。

2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。

3.良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。

4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。

5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。

6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。

7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。

8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。

9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。

10.眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。

11.いつもと違う睡眠には、要注意。

12.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

 

 

いいね
Please reload

関連記事一覧
特集記事
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
rogo.jpg
Please reload

rogo.jpg
HOMEへもどる
ねむりのコンシェルジュ HPバナーPNG.png

ねむりのコンシェルジュ 睡眠 IoT