rogo.jpg
HOMEへもどる
ねむりのコンシェルジュ HPバナーPNG.png

ねむりのコンシェルジュ 睡眠 IoT

睡眠アプリ「Sleep Meister」を試してみた

2018/11/26

 

 

早く寝たわりにはスッキリしない、朝起きるのが苦手、

という方は多いのではないでしょうか。

そんな方に是非お試しい頂きたいのが、快眠を手助けする睡眠アプリ『Sleep Meister(スリープマイスター)』です。

 

Sleep Meisterは睡眠の質を計測し記録することで、自分の睡眠状態を把握することが出来る目覚ましアプリです

 

このアプリは、アラームをセットすると眠りの浅くなったタイミングでアラームが鳴ります。

 

実際の使い方ですが、まず、アラームのセットは、『アラーム』画面から時刻を設定します。

 

これで『アラーム設定』の時間帯のうち、眠りの浅いタイミングでアラームが鳴るのですが、時間帯の幅は『設定』→『アラームタイプ』から、10分、15分、20分、30分で変更することができます。

 

最後に、『START』ボタンを押すと設定完了です。

 

設定方法があまりに簡単すぎて、使い方があっているのか不安になりましたが、大丈夫でした。

 

 

眠りの深さは体動を検知して測るので、枕の横など振動が伝わりやすい場所に端末を置いて寝ます。

 

自分も何度か失敗しましたが、置く位置が悪いと計測できないのでご注意下さい。

 

実際にこのアプリを使ってアラームを掛けてみると、眠りが浅くなっているタイミングでアラーム音が鳴るので、いつもよりスッキリ目覚めることができました。

 

毎日のデータをもとに、5角形のレーダ(睡眠時間・寝つき・中途覚醒・睡眠効率・眠りの深さ)で眠りの質を分析してくれます。

 

まだ試せていませんが、寝言やいびきを録音してくれる機能も付いています。

 

『行動メモ』機能を使うと、飲酒や運動、カフェイン摂取と睡眠との関連性をみてみるのも面白いかもしれません。

 

 

無料ですが、クオリティが高いアプリだと思います。

睡眠に悩みをお持ちの方は是非一度お試し下さい!

 

 

 

 

 

 

 枕元の動きだけで「睡眠時間・寝つき・中途覚醒・睡眠効率・眠りの深さ」を推定するのは難しいとは思いますが、関心を向けるきっかけになるのはいいですね。

 

 いびきはなかなか自覚できませんが、呼吸が妨げられているなら改善に向けて横寝を意識する・枕の高さを合わせる鼻腔テープといったアイテムを試してみるといった対策がとれます。

 

 

 

いいね
Please reload

関連記事一覧
特集記事
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ