足がつる・こむら返りの要因について


足がつる・こむら返りとは、筋肉のけいれんが持続的の起こっている状態。

成人の3割が月1程度経験しているともいわれる。

水分(ミネラル)不足や冷えが主な要因だが、頻繁におこるなら熱中症かもしれない。

加齢とともに起こりやすくなり、運動し過ぎ、運動しなさ過ぎも要因になる。

眠っているときに起こりやすいのは、筋肉の収縮を抑えるアキレス腱の筋肉も休んでいるのに、寝返りなどで不意に力が入ってしまっても抑えられないから。

特に夏の睡眠中起こる事が多いというのは、汗で水分が失われやすい、掛け寝具から足が出て扇風機や冷房で冷え、血液循環が悪くなり筋肉がかたくなりやすいことが原因。

そもそも足は常に負担がかかっているので疲れやすく、末端で血流が滞りやすいのでかたくなりやすい。

夏でもシャワーではなく入浴して体を解し、寝る前に水分補給を忘れずに行うといい。

また寝返りのときに大きな力を必要としない敷きふとんにする、ふくらはぎにレッグウォーマーを使用することも対策になる。

___

ねむりのコンシェルジュ 

睡眠に関わるIoT / スリープテックのお試し情報や、ねむりに役立つ情報等をご紹介しております。

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
rogo.jpg
HOMEへもどる
ねむりのコンシェルジュ HPバナーPNG.png

ねむりのコンシェルジュ 睡眠 IoT