TOP へもどる
睡 眠 の 基 礎
知って得する!睡眠『 つの基礎』
寝室環境
3
睡眠にとっては身体の周りを構成している環境は
極めて重要です。室内環境、寝具内環境など様々
ですが、その一つ一つが分離しているもではな
く、複合的に影響しあって環境を作り上げている
のが特徴です。快適な睡眠の摂取には、光環境、
音環境、臭い環境、寝具内環境など睡眠を左右す
る環境を整えることが必要です。
睡眠にとっては身体の周りを構成している環境は
極めて重要です。室内環境、寝具内環境など様々
ですが、その一つ一つが分離しているもではな
く、複合的に影響しあって環境を作り上げている
のが特徴です。快適な睡眠の摂取には、光環境、
音環境、臭い環境、寝具内環境など睡眠を左右す
る環境を整えることが必要です。
快適な睡眠のための環境とは
快適な睡眠摂取が可能な睡眠環境として考慮する
と、早く眠れる(睡眠までの時間が短い)、途中
で目が覚めない(中途覚醒がない)、気持ちよく
目覚ることが出来る(覚醒がしっかりしている)
などが満たされることで、これらをうまくサポー
トできる環境が必要です。
快適な睡眠摂取が可能な睡眠環境として考慮する
と、早く眠れる(睡眠までの時間が短い)、途中
で目が覚めない(中途覚醒がない)、気持ちよく
目覚ることが出来る(覚醒がしっかりしている)
などが満たされることで、これらをうまくサポー
トできる環境が必要です。
睡眠環 睡眠環
よい眠りの条件 よい眠りの条件
睡眠のはじめ 早く眠れる 睡眠のはじめ 早く眠れる
寝 室 内 環 境
3
睡眠中は基礎代謝が低下するために、外部環境を整え
て体温を維持する必要があります。
睡眠中は基礎代謝が低下するために、外部環境を整え
て体温を維持する必要があります。
す ぐ 眠 れ る
ぐ っ す り
眠 れ る
気 持 ち よ く
目 覚 め る
元 気 な 人 !
早く眠れる
早く眠るためには、リラックスできる環境が必要
です。睡眠は極めて精神的要因に左右されます。
したがって心理的に安心出来ることが重要です。
次に寝具に入ったとき、寒さを感じない。湿度が
少なくからっとして気持ちがよい。寝る姿勢がう
まく保たれ、長時間そのままの姿勢でいても痛み
をもなど不快感がない。など、眠るための多くの
条件を満たした環境の中で、眠りにつくことが必
要です。また音や光についても睡眠を阻害するこ
とのない環境状態が必要となります。
睡眠として判定されるのは脳波の変化で確認する
ことができます。糸巻き状の「スピンドル」とい
う脳波と大きい波と小さな波が組み合わさった
「Kコンプレックス」という脳波が確認されて、
睡眠深度が2と判断されたとき入眠(入眠宣旨)
したと判定します。
早く眠るためには、リラックスできる環境が必要
です。睡眠は極めて精神的要因に左右されます。
したがって心理的に安心出来ることが重要です。
次に寝具に入ったとき、寒さを感じない。湿度が
少なくからっとして気持ちがよい。寝る姿勢がう
まく保たれ、長時間そのままの姿勢でいても痛み
をもなど不快感がない。など、眠るための多くの
条件を満たした環境の中で、眠りにつくことが必
要です。また音や光についても睡眠を阻害するこ
とのない環境状態が必要となります。
睡眠として判定されるのは脳波の変化で確認する
ことができます。糸巻き状の「スピンドル」とい
う脳波と大きい波と小さな波が組み合わさった
「Kコンプレックス」という脳波が確認されて、
睡眠深度が2と判断されたとき入眠(入眠宣旨)
したと判定します。
question1_edited.jpg
ねむりの基礎1.jpg
ねむりの基礎2.jpg
rogo.jpg
HOMEへもどる
ねむりのコンシェルジュ HPバナーPNG.png

ねむりのコンシェルジュ 睡眠 IoT